おちみず(変若水)


おちみず(変若水)
OCHIMIZU
rejuvenated water



月にあると言い伝えられてきた不死の霊水。やまとの神話では、天照大御神の弟神にあたる月読命(つくよみ)が持っていたとされています。月と不老不死がリンクしているのは、満ち欠けを繰り返す月と永遠の命が結びついているから。

琉球にも古くから「変若水(しじみず)」と呼ばれる不死の霊水伝説があるそうです。こちらは、神様が人間に与えようとした変若水を間違って蛇に与えてしまい、蛇に与えようとした死水を浴びた人間には限りある生命が、変若水を浴びた蛇は脱皮を繰り返し永遠の命を手に入れたというお話。


やまとことば – 276 / 365

毎日一語、趣きのある大和言葉(やまとことば)をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。