波の花(なみのはな)


なみのはな(波の花)
NAMINOHANA
sea salt



中世の宮中で使われていた女房言葉で「塩」のこと。当時は海塩が主流だったのでこういう言い方をしたようです。能登半島では冬の海岸で白く泡立った波のことを波の花とも。強めの寒波がやって来てる今日あたり泡立っているんじゃないでしょうか。


やまとことば – 230 / 365

毎日一語、趣きのある大和言葉(やまとことば)をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。