無心之心 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


無心之心

むしんのしん


仕事の呼吸が咬み合わないクライアントとの仕事は必要以上につかれます。スケジュールをかき回されて作業時間が長くなるというのもありますが、疲労の根源のほとんどはうまく噛み合わないことへのイライラが原因なんでしょう。

閑話休題。

禅の世界では、心はそもそも「無」であり、周囲で起こる出来事がただ心に波風をおこしているだけだと考えます。その波風によって生まれるこだわりや執着を捨て、心を無にせよというのが禅の教えなわけですが、無になっても無の心「無心之心」が存在しているという、ちょっとめんどくさいお話も。

さすがに人生まるごと無心で過ごそうとは思いませんが、少なくとも仕事でイライラ警報が発令されそうな時には、現象だけに目を向けて心静かに淡々と手を動かしたほうが良さそうですね。


禅のことば – 217 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。