心無罫礙 無罫礙故(しんむけいげ、むけいげこ)禅語 禅書 書道作品


心無罫礙 無罫礙故

しんむけいげ、むけいげこ


人生のコマをひとつ進めようという時に、何かが障害になって思うように前進できないことがあります。周囲の反対にあって思う進路を選択できない時にはまだいいですが、知らず知らず自分自身でココロにストップをかけてしまっている時にはしんどいですね。妨害しているのも進みたいのも、どちらも自分のココロの声ですから。

閑話休題。「心無罫礙、無罫礙故」を意訳すると「ココロのあり方を妨げるものなど何もない」となります。

仏道の教えによると、あなたのココロにストップをかけるものはただの迷いであり妄想であるとのこと。仏教ってなかなかロックなとこあるなぁ。


禅のことば – 123 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。