無依道人 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


無依道人

むえのどうにん


SNSでの情報交換があたりまえになって、便利な半面、これまでは知らずに済んだことまでチラチラ見えるようになってしまいました。これはこれでなにかと面倒ですね。嫉妬や羨望、ねたみやそねみみたいな後ろ向きの感情はホント扱いづらいもので。

閑話休題。

「無依道人」とは、組織にも人にも依存せず、潔く独立独歩で修行の道をゆく人物を評する禅のことば。

仮に組織に属さずに独立独歩で生きていても、やっぱり断ち切れないのは家族や恋人、仲間や友人など人への依存。ちなみに、禅道における「無依」とはこのひとへの依存も断ち切る生き方を意味します。

面倒なこともあるとわかっていてもなかなか抜けられないのがSNS。
不思議ですね。つい十数年前まではなかったモノなのになぁ。


禅のことば – 243 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。