莫向文字中求(もじのなかにもとむることなかれ)禅語 禅書 書道作品


莫向文字中求

もじのなかにもとむることなかれ


仕事でのメールのやり取りが苦手です。相手の時間もこちらの時間も束縛しないので、そういう意味では気楽に使えるのですが、デリケートなニュアンスが伝わらずに困ることがしばしば。特にトラブルを起こしかけているときに文章だけに頼るのはとても危険ですね。

最近ではLINEやSNSのメッセージを使って連絡をくれる人も増えてきました。年配の方は「仕事でLINEなんぞ使いおって!」とマユをしかめられるかもしれませんが、スタンプや絵文字が使えるので、もしかするとEメールのやり取りよりトラブルになることは少ないかもしれないなと感じている今日このごろです。


閑話休題。禅語「莫向文字中求」は、「文字の中に求むることなかれ」と読みます。文字ばかりに囚われてしまうと見失ってしまうよという戒めの言葉。
コミュニケーションを取るのに何かと便利な世の中になりましたが、文字や絵の情報だけでは本質をすべて伝えるのはやっぱり不可能。
顔を合わせて話をする機会は大切にしたいですね。


禅のことば – 052 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。