桃始笑 七十二候


桃始笑

ももはじめてさく
啓蟄 次候 第八候
3/10〜3/14


桃の花が咲き始め、いよいよ春の訪れが間近な季節。
春分の日がもうそこまで来ています。

咲くという字に「笑」の字をあててあるのにはこんな理由があるんです。
ご存知でしょうか。
素敵な日本語なのでぜひ覚えておいて下さい。

えむ(笑む・咲む)
古くは「ほほ笑む」ことと「花が咲く」ことはともに同じ言葉、「えむ」と表現されていたそうです。ほほ笑みをあらわす「えむ」という言葉を、比喩的につぼみが開く様子と重ねあわせたのが起源だとか。知っているとちょっとホッコリする雑学ですね。
漢字はあくまで大和言葉の「えむ、えみ」に後からあてたものですが、確かによく見れば「咲」という字は、口へんに「笑」の略字を合わせた字。今の日本では「咲」を「笑」と同義では使いませんが、漢字の本家中国では今でも「笑」の意味で使われているそうです。
http://sho.goroh.net/emu/



七十二候(しちじゅうにこう)とは
古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。
各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。
古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度か変更されている。日本でも、江戸時代に入って渋川春海ら暦学者によって日本の気候風土に合うように改訂され、「本朝七十二候」が作成された。現在では、1874年(明治7年)の「略本暦」に掲載された七十二候が主に使われている。
(Wikipediaより)