稀人(まれびと)

まれびと(稀人)
MAREBITO
visitor from afar


季節がめぐるとやってくる祖先の霊、また異郷からの来訪者や客人のこと。

日本には、遠方からまれに来訪する客人や旅人を、福をもたらす神「まれびと」としてもてなす習俗が古くからあったそうです。異郷からやってくる服装も言葉も違う旅人を、理解の域を超越した霊的なシンボルとして歓待し、平和的に送り出すというなんともボクたち日本人の祖先らしい考え方。来訪者に対してウェルカムで開放的なのではなく、むしろ閉鎖的だったからこその習俗だったんでしょう。

写真は、初夏になるとどこからともなくあらわれる蝶。
どうやって見つけるのか、毎年かならずテラスの野菜めがけてやってきます。
もしかするとご先祖様の…


大和ことば – 049 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。