草枕(くさまくら)


くさまくら(草枕)
KUSAMAKURA
bivouac



いろいろ考えましたが、英語は「bivouac」としました。「野営」のことです。
草枕とは本来、「旅の空の下、今宵は草を束ねて枕にします」という旅の辛さ、切なさ、寂しさを意味することばなんだとか。

自宅も空調が整って快適になり、でも休日になるとそんな自宅をテントを背負って後にしキャンプで野営する時代になりましたよ、と、そのむかし「草枕」で旅をしていた先輩たちに伝えてみたい今日このごろ。

さすがに草枕の写真はなかったので、公園で「芝枕」するひとたちの写真を。
みなさんのおかげでいい時代なりましたよ、ご先祖さま。


大和ことば – 106 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。