人人悉道器 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


人人悉道器

にんにんことごとくどうきなり


「人はみな誰でも悟りを開くだけの器を持っている」という意味の、「人人悉道器」という禅語があります。鎌倉時代の日本の僧侶、瑩山禅師の遺した言葉。自信を失いそうになっている人には救いの言葉であり、できないことを境遇や出自のせいにしているひとには叱咤の言葉でもあり。

先達によると、みなさんももれなく「道器」だそうです。
足りないのは挑戦と努力なのかもしれませんね。


禅のことば – 143 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。