黒漫漫 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


黒漫漫

こくまんまん


禅語において「黒漫漫」は、漆黒の暗闇をあらわすことば。

瞑想をしていると、時々光のない闇の中にポツンと座っているような感覚になることがあります。暗闇というと禅書でも「お先真っ暗」的なネガティブな使われ方をすることが多いようですが、バーチャルな暗闇は意外と落ち着くもので。

実際には本当の真っ暗闇ってなかなかないですけどね。特に東京都内では。
たまには月も見えない闇夜でボーっとしたいなぁ。


禅のことば – 350 / 365


毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。