こころ(心)


こころ(心)
KOKORO
mind



語源は「内臓」をあらわす「こる、ここる」だとの説が有力だと言われています。

さまざま抽象的な使われ方をする言葉なので意味も多彩。個人的には、Wikipediaに書かれていた「人間を人間らしく振舞わせる事を可能にしている何か」という定義がいちばんしっくり来ました。

人間の精神が心臓に宿っているという考え方は古代の中国から影響を受けたものだそうです。今となっては心臓は血液循環を司る臓器と説明されていますが、古代では7世紀に自然哲学者のデカルトが「心臓と精神は別物だ」と提唱するまで同居しているものだと考えられていたとか。

医学が進化して僕たちの常識は変わりましたが、漢字は変わらず心臓をあらわす「心」のまま。
だれでも知っているのに、こんなに説明の難しい言葉もないですね。


大和ことば – 131 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。