こいかぜ(恋風)


こいかぜ(恋風)
KOIKAZE
heartrending love



恋風とは、切ない恋わずらいを意味することば。

先日「孤悲」ということばを書きましたが、中世までの「恋」は、現代のちょっと甘酸っぱいイメージのそれとは違って、叶わない片想いのことだったわけです。そして、ここで言う「風」は現代で言う「風邪」。風が吹くとかかる病(やまい)が「風」ということで、古くはどちらも「風」の字であらわしたそうです。余談ですが「風邪」という表記になったのは江戸期以降だとか。

僕たちの祖先は相当恋愛体質だったんでしょうか。
こういう色恋にまつわることば、ホントにたくさんありますね。


やまとことば – 275 / 365

毎日一語、趣きのある大和言葉(やまとことば)をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。