枯木裏龍吟 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


枯木裏龍吟

こぼくりのりゅうぎん


一見役に立ちそうもない枯木でも、強い風に吹かれれば龍の鳴き声のような音を出して獣を追い払ってくれる。禅語にしてはちょっと例えの切れ味がイマイチな感もありますが、文字の並びが綺麗なので書いてみました。

語の意味するところは、「この世に役に立たないものはない」ということでしょうか。
枯木に例えられてしまってはたまったもんじゃありませんが、ちょっと目線を変えて、役に立たないと思っているものでもこちらのアクション、ここでは強い風を送るというアプローチによって思いがけない能力を発揮するということを示唆していると考えれば、マネージメントのヒントにはなるでしょうか。


禅のことば – 136 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。