吾無隱乎爾  禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


吾無隱乎爾

われなんじにかくすことなし


孔子が弟子に語った言葉だそうです。
「いくら精進しても師である孔子に追いつけないのは、孔子が奥義を隠しているからではないか」と疑う弟子たちに向かい、こう言ったとか。

あまりに疑い深くなると、見えるはずのものも見えず、聞こえるはずのものも聞こえなくなってしまう。そういうこと、確かにあるかもしれません。
禅語には、真実を妄想で曇らせてしまうことを戒めることばが繰り返し登場します。嘘や隠しごとがあるのではないかという妄想を捨て、目の前にある事実こそ真実だ、とシンプルに受け取ることができたら、ちょっと景色が変わってくるのかもしれないですね。


禅のことば – 174 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。