一隻眼(いっせきげん)禅語 禅書 書道作品


一隻眼

いっせきげん


先日の衆院選、みなさんはどのように候補者を選びましたか。よくわからないので直感で選んだという方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。「直感力」は一般的には男性より女性のほうが強く、オトナよりも子供のほうが強いと言われています。また、調べてみたら、左脳を使う仕事をしている人よりも右脳を使う仕事をしている人のほうが強い傾向にあるとも。

そもそも「直感」ってなんなんだ、と疑問がわいたので調べてみたら、モノの本には「脳にストックされている知識、経験値をもとに瞬時に判断すること」とありました。ただ闇雲に天から降りてくるようなものではないんですね。知識や経験値をもとに、ロジカルに推論を進めながら理論的に答えを出す時に働いているのは左脳。これを右脳で瞬時に判断するのが直感ということだそうです。

男性が女性より直感力が弱いのは、論理的な傾向が強いからということなんでしょう。右脳を日頃から使っている人、アスリートやアーティストの直感力が強いのは日頃から右脳を鍛えているから。知識や経験に乏しい子供の直感力が強いのは、論理的思考のトレーニングを受けていないので基本的に直感をベースに判断しているからとのこと。

ちなみに、理論的な思考はコンピューターで計算させることができますが、直感的思考は再現が不可能。なぜかというと、理論的な思考は言語に置き換えることができるけれど、直感的な思考には、言語情報に置き換えることが困難な聴覚、視覚、味覚、嗅覚、触覚などの感覚的な情報が含まれているからです。また、世間体や常識といった固定概念の枠を飛び越えた判断をすることも計算できない要因のひとつだそうで。


閑話休題。禅の世界では、凡人が持っている両眼のほかに、智慧をもって事物の真実を見抜く特殊な能力のある第3の眼を「一隻眼」と呼びます。

禅の修行では固定概念や雑念を取り払うことを繰り返しトレーニングします。「一隻眼」とは、もしかしたら固定概念でこり固まった論理的思考を停止させて呼び覚ます「直感力」のことなのかもしれませんね。

女性を口説いても口説いてもイエスがもらえないとお嘆きの男性のみなさん、もしかするとあなたが論理的な思考で戦略を考えてる間に、女性は直感力を駆使して先に答えを出してしまっているのかもしれません。一度右脳で直感的に口説いてみるっていうのはどうでしょうか。



禅のことば – 037 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。