いらう(弄う)


いらう(弄う)
IRAU
touch, play with



関西で古くから使われていることばです。意味は、触る、触れる。また、よくお笑い芸人さんたちが使う「いじる」という言葉と同じで「からかう、もてあそぶ」というニュアンスもあります。

ちなみに過去形は「いらった」でも間違いではないですが、関西では「いろた」と活用します。

海にも山にも八百万の神さんがいてはるさかいにあんまり無闇にいろたらあきまへんえ。(京都の芸妓さん風)


やまとことば – 238 / 365

毎日一語、趣きのある大和言葉(やまとことば)をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。