いのり(祈り・祷り)


いのり(祈り・祷り)
INORI
prayer



祈り(いのり)の語源には諸説ありよくわかっていないそうです。
一般的には「宣言する」という意味の「宣る(のる)」に接頭語「い」をつけたものと言われているようですが、神を祀るという意味の「斎み(いみ)」と「宣る」で「斎み宣る」が転じたという説も筋が通ります。いずれにしても、祈るという行為は、心の中で静かに唱えるものではなく、声を発して「宣る」ものだったんですね。

また別に、「生きていること、生命」を意味する「生(い)」と「宣る」で「生宣る(いのる)」だとする説もあります。本来、神社仏閣で手を合わせて祈る時には、願い事をするのではなく神仏に感謝を述べるものだという話を昔聞いたことがあります。少しお説法めいた解釈かもしれませんが、もしかすると、今日こうして生があることの感謝を宣ることだったのかもしれません。

写真は、2015年8月6日のご来光。
友人が富士山頂で撮影してきてくれました。


大和ことば – 059 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。