一華開五葉 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


一華開五葉

いっかごようをひらく


何かひとつ成功したと言えるものを持っている人を見ていると、成功グセとでもいえばいいんですかね、まわりから見ると不思議なヒキの強さを持っているもので。
自然と人が集まってくるようになるとか、度胸がすわるとか、挑戦したことによって経験値レベルが高くなっているとか、その要因は挙げればキリがありませんが、実は不思議でもなんでもない、努力したことによる自然な結果なんだということは当のご本人のみぞ知る事実。

閑話休題。

「一華開五葉」とは、結果自然成 に続く対句となる言葉で、達磨大師が弟子に残した「少室六門集」という教典に残されている禅語です。

さまざま解釈があるようですが、カンタンに要約すると、「花が一輪咲けば5枚の花びらが開くように、ひとつ成せば自然とその結果は広がっていくものだ」というところでしょうか。その後に、結果自然成(いずれ結果は実をむすぶ)という一節が続きます。

成功グセをつけるには成功するしかないという、一見パラドックスのような、その実とても当たり前なおはなし。


禅のことば – 176 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。