一日不作 一日不食 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


一日不作
一日不食

いちにちなさざれば、いちにちくらわず


最近、「食事は一日三食でなくてもかまわない」という説をあちこちで聞くので、あまりお腹が空かない時は昼食を間食で済ませるようにしています。一日デスクワークで終わった日なんかは夕食もカンタンなおつまみで済ませることも。

閑話休題。

禅道では日々の農作業も修行の一環。「一日不作、一日不食」とは、その大切さをあらわした唐の時代の禅僧、百丈懐海禅師のことばだそうで。ちなみに老師は八十を越えても毎日怠ることなく作務を続けはったそうです。

働かざるもの食うべからずというとちょっとまた意味が違って意地悪な感じに聞こえますが、「その日カラダを動かした分だけ糧をいただく」と考えるとなんとなくハラオチします。

どうでもいいハナシですが、ボクは睡眠も10〜20分の昼寝を仕事のあいまに小刻みに取って、夜は3時間ほどの睡眠で間に合っています。そういうのが向いてる体質なんですかね。


禅のことば – 251 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。