いびつ(歪)


いびつ(歪)
IBITSU
crooked



ごはんを入れておく飯櫃(いいびつ)が転じて短くなったもの。むかしの飯櫃が楕円形だったことから、正しい円じゃない、ゆがんでいるという意味で使われるようになったそうです。

楕円形の飯櫃ということは、曲げわっぱみたいな小判型をしていたんでしょうか。あてられた漢字は「歪」と何とも具合の悪そうな字ですが、もともとは「飯ビツみたいやな」というような、なんとなく愛嬌のある言葉だったんですね。

写真は筆置に使っているセラミックの器。
さすがに飯櫃は持っていないので楕円形に近いものということで。


大和ことば – 132 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。