松直棘曲 まつはなおくいばらはまがれり 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


松直棘曲

まつはなおく、いばらはまがれり


松はまっすぐ上を向いて育つものであり、荊棘(いばら)はくねくねと湾曲して育つもの。それがありのままの姿であって優劣も貴賎もないという意味の禅語です。

松は松らしく、荊棘は荊棘らしくありのままに。
それがきっと個性なんだよということなんでしょう。

個性とは生き方に現れるもの。
服装や髪型のこだわりは個性ではなくファッションです。


禅のことば – 146 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。