炎・焔(ほむら)

ほむら(炎・焔・焰)
HOMURA
flame



東京タワーに夜霧や低い雲がかかると、灯りが反射して「炎」をあげているように見えることがあります。

「ほむら」は炎を意味する古くからの大和言葉。漢字では炎、あるいは焔、焰とも。語源が「火(ほ)群(むら)」というくらいだからかなり大きなほのおを指すんでしょう。ちなみに「ほのお」の語源は「火(ほ)の穂(ほ)」とのこと。

写真は2015年6月26日深夜のタワーです。
もし霧深い夜があったらタワーを見上げてみてください。


大和ことば – 021 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。