歳歳年年人不同(歳歳年年人同じからず)禅語 書道作品


歳歳年年人不同

さいさいねんねんひとおなじからず


経営コンサルタントの大前研一氏いわく、人間が変わる方法は3つしかないそうです。ひとつは時間配分を変えること。ふたつ目は住む場所を変えること。最後はつき合う人を変えること。
ふたつ目とみっつ目はちょっとドラスティックな方法なので今すぐというわけにはいきませんが、ひとつ目ならすぐにできそうですね。具体的には、日々の無駄な時間を見つけ出して、やりたいこと、やるべきことに積極的に割けとのこと。なるほど。シンプルです。

毎日書をアップするようになって2年が経ちました。これだという1枚のために少なくとも50枚、多ければ300枚ほど書きます。平均すると100枚くらいでしょうか。それでも時間にすると1日1時間ほどです。1日1時間でも1年続けば365時間、36,500枚のトレーニングになるわけで、そう思うとなかなか馬鹿にできないですね。別に自己改革しようと決意したわけでもなく、好きなことをやった結果でしかありませんが、振り返ってみると確かに何かが変わったような。

閑話休題。「歳歳年年人不同」は、劉希夷という詩人の「代悲白頭翁(白頭を悲しむ翁に代る)」という漢詩の一節。詩では、「花は毎年同じように美しく咲くのに人は年々白髪が増えて老いてしまう」と嘆いています。ネガティブ過ぎていまいちピンときませんが、まぁやりたいことがあるなら早めにね、ということで。


禅のことば – 007 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。