把手共行 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


把手共行

はしゅきょうこう


「把手共行」とは、「無門関」に登場する無門禅師のことばの一節。文脈では、悟りを開けば誰でもお釈迦さまとおなじレベルで同志として共に手をとって歩むことができるという意味で語られています。

北朝鮮のミサイル発射に続き、アメリカによるシリア爆撃のニュース。
正しいか正しくないかで議論すると、それぞれ言い分があって解は出ないのかもしれません。でも、粋か否かで言えば間違いなく「無粋」な振る舞い。年に一度だけ咲く花を愛でるというささやかな幸せに浸っているときに勘弁していただきたい。


禅のことば – 209 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。