伊達政宗の句( haiku poem by Masamune DATE )


伊達政宗句 − haiku poem by Masamune DATE


伊達政宗公が詠んだとされる句の中から二つを選び、対の書として書いたものです。


曇りなき 心の月を先立てて 浮世の闇を 照してぞ行く
I am moving forward in the changing era with a peaceful mind that shines like a clear moon

何も見えない暗闇の中、曇りのない月の光を頼りに歩むように、先の見えない戦国の世を心が命じるままに突き進んだ人生だった


馬上少年過 世平白髪多 残躯天所赦 不楽是如何
The days I devoted all my time to fighting on the back of a horse was a long time ago
Now the world sets peaceful and my hairs went gray
Luckily or somehow I survived the age of lingering wars
God would permit me to spend my remaining life with a great joy

馬に乗って戦場を駆けまわっているうちに少年時代は過ぎ、世は太平になって私も白髪が増えた。天に与えられた余生が残ってはいるが、これを楽しまずしてどうしようか