えせ(似非)


えせ(似非)
ESE
false



偽物。一見すると似ているがホンモノではないもの。

漢字では「似非・似而非」と書きますがいずれも意味からの当て字。
その昔は「質が悪いもの」という意味で使われていた言葉だったそうです。語源としては、偽(にせ)が転じた、あるいは荒物(えしもの)のえしが転じたなど諸説あり。

ホンモノが見つけづらい時代になってしまったのは、価値観が多様化してしまったせいでしょうか。


大和ことば – 161 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。