千尋(ちひろ)


ちひろ(千尋)
CHIHIRO
great depth, great height



そのむかし、大人の男性が両手を広げた時の長さを基準とした単位を「ひろ(尋)」と言ったそうです。語源は「ひろげる」の「ひろ」と同源で、主に水深をあらわす際に使われたとか。なので「ちひろ」は「1,000ひろ」、つまり測りきれないほどの深さを意味することばです。

ボクは詳しくないので知りませんでしたが、釣りや漁の世界ではまだ深さを「ひろ」であらわすことがあるそうですね。現代では1ひろ=1.5mで換算するとのことなので、ちひろは水深約1,500mほどでしょうか。数字にするとあんまり深くなさそうなイメージを受けるかもしれませんが、ダイオウグソクムシやチョウチンアンコウの生息域が水深200〜1,000mとのことなので相当な深さですね。


大和ことば – 140 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。