日本国憲法 第二条 第九章


日本国憲法
第二章 – 戦争の放棄
第九条


THE CONSTITUTION OF JAPAN
CHAPTER II – RENUNCIATION OF WAR
Article 9.

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.


背景の写真は、坂本龍馬も歩いたと言われる町並みが今でも残る、岡山県倉敷の路地です。