数多(あまた)


あまた(数多)
AMATA
a great many



読んで字のごとく数が多いこと。

草枕
旅行く君を人目多み
袖振らずしてあまた悔しも

万葉集より


意味は「旅に出るあなたを見送る人の目が多いので、袖を振らずにお別れしてしまってとても後悔しています」という感じ。このように、上代日本語では「程度がはなはだしい」という意味もあったそうです。


大和ことば – 137 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。