あまのじゃく(天邪鬼)


あまのじゃく(天邪鬼)
AMANOJAKU
the spirit of perversity


天邪鬼(あまのじゃく)は、日本の妖怪の一種。人の思いの逆のふるまいをするひねくれ具合を表現するときにも使います。漢字では「河伯、海若」とも。気質を意味するあまのじゃくということで言うなら、人間誰しも持っているものだと思います。

あまのじゃくのルーツは日本神話に遡るようで…
以下Wikipediaより。

日本古来の天邪鬼は、記紀にある天稚彦(アメノワカヒコ)や天探女(アメノサグメ)に由来する。天稚彦は葦原中国を平定するために天照大神によって遣わされたが、務めを忘れて大国主神の娘を妻として8年も経って戻らなかった。そこで次に雉名鳴女を使者として天稚彦の下へ遣わすが、天稚彦は仕えていた天探女から告げられて雉名鳴女を矢で射殺する。しかし、その矢が天から射返され、天稚彦自身も死んでしまう。
天探女はその名が表すように、天の動きや未来、人の心などを探ることができるシャーマン的な存在とされており、この説話が後に、人の心を読み取って反対に悪戯をしかける小鬼へと変化していった。本来、天探女は悪者ではなかったが天稚彦に告げ口をしたということから、天の邪魔をする鬼、つまり天邪鬼となったと言われる。また、「天稚彦」は「天若彦」や「天若日子」とも書かれるため、仏教また中国由来の「海若」と習合されるようになったものと考えられている。
江戸時代の百科事典である『和漢三才図会』では『先代旧事本紀』からの引用として、スサノオが吐き出した体内の猛気が天逆毎という女神になったとあり、これが天邪鬼や天狗の祖先とされている[1][2]。
いずれにせよ、あまり力のある魔物とは見なされていない場合が多い。
… Wikipedia


大和ことば – 160 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。