あきなう(秋なう)


あきなう(秋なう・商う)
AKINAU
trade



語尾の「なう」は、行う(おこなう)、償う(つぐなう)、誘う(いざなう)などのなうと同じで動詞を作る接尾語。収穫期である秋に農作物を売り買いしたことから「秋なう」となったという説、あるいは「買う」という意味の「 贖う(あがなう)」と同源の言葉ではとの説もあったりしますが不詳。

年中デニムの半パンで過ごしてますが、新しいのを買おうと思っても種類が少なく、いつもユーズドをぶった切ってアレコレとダメージを加えて自作しています。この秋あたりデニム半パンのブランドでも立ち上げようかな。


やまとことば – 277 / 365

毎日一語、趣きのある大和言葉(やまとことば)をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。