春夏冬二升五合(あきないますますはんじょう)

春夏冬二升五合(あきないますますはんじょう)
keep business brisk, May the store be prosperous always.


江戸の頃に流行した判じ言葉のひとつで、「商いますます繁盛」と読みます。「春夏冬」で「秋ない」、「二升」で「升升(ますます)」、「五合」で「一升の半分、半升(はんじょう)」ということだそうです。

余談ですが、開店祝いに贈る日本酒に「二升五合入り」の特注品があるとか。粋ですね。