暁(あかつき・ぎょう・あき・あきら・あけ・さとる・さとし・とき・とし)


(あかつき・ぎょう・あき・あきら・あけ・さとる・さとし・とき・とし)
akatsuki – gyou, aki, akira, ake, satoru, satoshi, toki, toshi

太陽の昇る前のほの暗いころ。
夜明け。明け方。
待ち望んでいたことが実現するその時。
はっきり悟る。



語源は「明時(あかとき)」で、深夜から夜明け前までの時間帯をさす語。

漢字の成り立ちは、土器を釜で焼くことをあらわす「堯(ぎょう)」に「日」で、夜明け前の空が釜の火のように赤く色づくことを意味しているとか。今では辞書にも「夜明け」とありますが、古くは夜明け前の暗い時間帯が「あかつき」、空が白み始めて「しののめ」、いよいよ夜明けという時間帯を「あけぼの」と区別していたそうです。ちなみに、◯◯が実現したあかつきには…という表現は、この「暁」をものごとの始まり(=夜明け)になぞらえた言い回し。

名付けでは「あきら、あき」という読みが一般的でしょうか。他には、夜が明ける=目覚めるというところから「さとる」という読みもあります。