あいづち(相槌)

あいづち(相槌)
AIZUCHI
give responses


槌とはモノを叩くハンマー的な工具。
刀鍛冶が真っ赤に熱した鋼を鍛えるときに、師匠が打つ槌の合間にリズムを合わせて弟子が槌を打つことを「相の槌、相槌」と言ったそうです。これが転じて会話の合間に挟むリアクションのことを「相槌」と言うように。
語源がハンマーなので、相槌は「言う」のではなく「打つ」が正解です。

余談ですが、この相槌のリズムがうまく合わないことを槌の音に例えて「とんちんかん」と言うとか。


やまとことば – 223 / 365

毎日一語、趣きのある大和言葉(やまとことば)をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。