たいらけく やすらけく | live in peace and quiet 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


たいらけく
やすらけく

live in peace and quiet
307/365 : 2018/11/3


神前で奏上される祝詞の一節より。
平安であれとねがうコトバです。

よく皮肉をこめて評される日本人の「ことなかれ主義」も、無事と平穏をねがう祈りにルーツがあるとするならば、また違って見えてくるなぁと。

なんとなく、「気をつけていってらっしゃい、早く帰っておいで」と送り出してくれる母親の顔をおもいうかべつつ、平らかで安らかな、ふつうの日常の字で書いてみました。


伊勢内宮神前祝詞

神風の伊勢国拆鈴五十鈴原の底津石根に大宮柱太敷立
高天原に比木高知て鎮り座坐す
掛巻も綾に尊き天照皇大御神 
亦の御称は撞賢木厳之御魂天疏向津比売之命 
亦の御号は天照大日孁之命の大朝廷を祝斎て云巻も畏加礼と 
天津日嗣知食皇命の大御代を常磐に堅磐に護り奉給ひ現き青人草をも恵み幸へ給へる
広く厚き御恩頼に報ひ奉ると称辞竟奉りて拝み奉る状を 
平けく安けく聞食と恐み恐みも白す