人の行く 裏に道あり 花の山 いずれを行くも 散らぬ間に行け | 千利休 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


人の行く裏に道あり花の山
いずれを行くも散らぬ間に行け

If you want to see beautiful flowers, you should go backstreet.
Either way, you should go before blossoms fall.
poem by Sen no Rikyu

291/365 : 2018/10/18


山に咲く満開の花を見たいならば、ひとがむらがる表の道ではなく裏の道を行くべきだ。
表の道と裏の道、いずれを行くにしても、花が咲いている間に行きなさい。とそんなカンジでしょうか。

とても侘び寂びを愛した粋人のコトバとはおもえない、戦略的な考え方。
秀吉が恐れたという逸話もうなづけます。

千利休というヒト、知れば知るほどおもしろいなぁと。

ちなみにボクも、大きな意思決定をするときにはこの利休の思想とおなじ考え方で行く道を決めます。