築 | build 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


kizuku : build
281/365 : 2018/10/8


完成予想図があやふやなまま行き当たりばったりに筆をはしらせ、迷走しているうちに原型を失ってしまうこともままあります。でも、成り行きでできあがったそんなカオスな書もそう悪いもんじゃないなと。書き手の迷いとか、焦りとか、いい加減さとか、そういう人間らしい側面は、狙いどおりに完成した美品よりもそういう失敗作にこそ色濃く滲み出ていたりするもので。

閑話休題。

これまでのノウハウを活かして設計されたといわれている豊洲の新市場。どんな景色になるのか楽しみですが、きっとあの築地の混沌とした、ヒトの営みの坩堝(るつぼ)的な魅力はなくなるんだろうなと、そんなことをかんがえながら。

今回は、あえて今日いちばん迷走した書を。