随流去 | zui-ryu-ko 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


随流去

zui-ryu-ko : be honest
278/365 : 2018/10/5


山を降りるにはどの道を行けばよいかと問われた禅僧が、「川の流れに沿ってゆけばいい」と答えたという故事にちなんだ禅語です。

高いところから低いところへ自然の摂理に抗うことなく流れる水のように、己のココロの流れをちゃんと見極め、逆らうことなく生きよと、そういうことでしょうか。
そうあるためには、まず自分のココロを知らねば、ですね。

閑話休題。

人間の脳は、生まれながらにして善悪を見極める本能をプログラミングされているという説があるそうで。
生後数ヶ月の乳児にいじわるな人形とやさしい人形が登場する人形劇を見せ、どちらの人形に好感を持つかを実験すると、ほとんどの乳児がやさしい人形に手を伸ばすことからそう言われているんだとか。

だとするならば、ぼくたちは持って生まれたココロというものをもうちょっと信用してもいいんじゃないですかね。世間の常識や固定概念に頼るばかりじゃなくて。