寂滅 | nirvana 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


寂滅

jakumetsu : nirvana
270/365 : 2018/9/27


どっちが水面だったか、ちょっとあやふやになるくらいのところまで深く海に潜ると、自分の鼓動が聞こえるくらいにまわりがシンと静まりかえるような不思議な感覚におそわれることがあります。

少し恐怖も感じつつ、でもなぜかココロの雑音は消え、全神経を生きることに集中させているような感覚といいますか。なんとなく、命のキケンを感じた動物が一瞬その動きを止めて全神経を集中させるような、そんな状況に近いのかなと解釈しているんですが。波乗り好きな友人が「チューブの中で静寂を感じる」と言っていたのも、もしかしたらおなじ感覚なのかもしれません。

なかなか理屈では理解しがたい「煩悩を消す」という概念は、もしかして、死を背にして生とだけ向きあうこういう境地と近いんじゃないだろうかとか、そんなことを考えながら。月を愛でながら書いたせいか、はたまた泡盛の飲み過ぎか、ちょっとあちらに片足をつっこんだような不思議な浮遊感を感じつつ。


寂滅(じゃくめつ)
梵:nirvāna
(仏)煩悩ぼんのうをすべて打ち消し、真理の智慧ちえを完成させた状態。究極的な悟りの境地。涅槃ねはん。
消えてなくなること。また、死ぬこと。