花も花なれ 人も人なれ | Gracia Hosokawa 細川ガラシャ 辞世の句 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


花も花なれ
人も人なれ

whether a flower or a person, knowing when to die causes one to live its fullest
farewell poem by Gracia Hosokawa

237/365 : 2018/8/25


生きざまをつらぬくためにみずから死を選んだ明智光秀の三女、細川ガラシャの辞世の句より。残されている逸話によるとなかなか男まさりな美女だったようで。

散りぬべき
時知りてこそ
世の中の
花も花なれ
人も人なれ


細川ガラシャ(明智 珠)



花も花なれ 人も人なれ | Gracia Hosokawa 細川ガラシャ 辞世の句 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


彼女の死から四百余年。武士の世も、大きな戦争の時代も終わり、自刃せずともどうにか自由に生きられるしあわせな世の中になりましたが、それでも生き方の選択を迫られる場面というのはやっぱりあるわけで。
ガラシャ姐さん、あなたのようにいさぎよく覚悟を決める度量がないボクは、余命三ヶ月サギと叩かれるまで生きてやろうという真逆の決意で今日も過ごしております。