胡蝶の夢 The dream of a butterfly  書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


胡蝶の夢

The dream of a butterfly from Chuang-tzu
184/365 : 2018/7/3


好きなことを仕事にするとしんどいから区別するべきだというヒトもいれば、好きなことを仕事にできたら幸せだというヒトもいて。

ある意味生き方の根っこ的なところの考え方なので自分で決めればどっちでもいいコトですが、ただ、好きなことと仕事がドンピシャでハマったときのパフォーマンスってケタ違いにすごいなと、ワールドカップの熱戦をたたかうサッカー選手たちを見ながらそうおもうわけです。


胡蝶の夢
こちょうのゆめ

夢と現実とがはっきりと区別できないこと、またその区別を超越できないことのたとえ。
中国、戦国時代の思想家荘子が、蝶となった夢をみ、目覚めたのち、自分が夢のなかで胡蝶に変身したのか、胡蝶がいま夢のなかで自分になっているのか、と疑ったと伝える『荘子』「斉物論」の故事による。(日本大百科全書)