狂愚 be stubbornly honest 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


狂愚

kyo-gu : be stubbornly honest
125/365 : 2018/5/5


夜の薬の時間までまだすこしあるな、ということで数日間格闘している「狂愚」の文字を書きはじめるも、今日もなかなか降りてこず。気がつけばいつのまにか夜は明け、背後には数百枚の画仙紙の山が。「あぁそうか、狂うってこういうことか」と腑に落ちたところでスッと書けました。

閑話休題。

かの吉田松陰先生は、みずからを「狂愚」と呼び、門弟たちに「諸君、狂いたまえ」と説いたんだそうです。いわく、「狂愚まことに愛すべし、才良まことに虞るべし。狂は常に進取に鋭く、愚は常に避趨に疎し」と。貪欲かつ、積極的に新しいことを吸収し、退くことなくすすめ、と。そういうことでしょうか。

「狂」の字を、なんとなくエキセントリックかつクレイジーに書いてみたい、ともがくこと5時間。そういうことではなかったですね、松陰先生。

しかし先生、ちょっと眠いです。


狂愚 be stubbornly honest 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa