一醉千日 1000 days hangover 書道作品 japaneseart japanesecalligraphy


一醉千日

issui sen-nichi : 1000 days hangover
123/365 : 2018/5/3


いにしえの中国には、ワンショットで千日ものあいだ酔いつづけることができる美酒があったとか、なかったとか。

じっさいもんだい、どんなにいいお酒にどっぷり浸かっても二日酔えればいいところですが、ひとに酔っぱらったらその酔いっぷりは千日どころの騒ぎじゃないなぁとか。そんなことをのんきに考えながら。

みなさんに酔い出会いがありますよう。


一醉(酔)千日
極めておいしい酒のこと。
一杯飲むだけで心地よく酔い、そのまま千日眠り続けるという意味から。
酒好きの劉玄石という人が、酒屋で千日酒という酒を買い、酔って眠ると家族に死んだと思われて葬られてしまった。飲酒の限度を言い忘れた酒屋の店主が、千日後を狙って劉玄石を尋ねたところ、既に埋められていた。店主が慌てて墓を暴くと劉玄石が、ちょうど目を覚ましたところだったという故事から。