清入骨 bone-snapping purity  書道作品 japaneseart japanesecalligraphy


清入骨

sei honeniiru : bone-snapping purity
107/365 : 2018/4/17


所用あって三年ぶりに訪れた倉敷。観光目的ではなかったけれど、せっかくだからと朝イチひとりで大原美術館界隈を散策してきました。
旅先での朝の散歩、気持ちいいですよね。
これで二日酔いさえなければ…

閑話休題。

「清入骨」なることばがありまして。モノの本によると「骨の随に染み入る清らかさ」という意味なんだとか。

どういうシチュエーションで感じられるモノかなと想像してみるに、季節なら秋から早春、時間は深夜から早朝にかけて。場所はできるだけ静かでひと気のないところがいいですね。大自然の中、さらに贅沢をいえば山の中の荘厳な寺社の境内とか。そういう場面で、鈴の音をおおきめに一発、キーンと。


清入骨 bone-snapping purity 書道作品 japaneseart japanesecalligraphy