無双 musou incomparable 書道作品 japaneseart japanesecalligraphy


無双

musou : incomparable
051/365 : 2018/2/20


ほかの書家さんたちの作品をできるだけ見ないようにしています。迷いがあるとき、自信がないときに見てしまうと、スポンジみたいに「他人流」を吸収してしまうからです。

成功しているライバルのいいところを参考にするって、一見ただしいアクションのように思えるんだけれど、それを繰り返すたびにせっかく持ち合わせていた個性が失われてしまうことに気づいた時にはもう手遅れ。これまで、20代の頃の飲食店企画、30代のIT企業経営でそうやってみずから成長の芽をつみ取ってしまう店舗や事業をたくさん見てきました。特にオリジナリティが求められる繁華街での飲食店経営と、ITのエンターテインメント系のコンテンツ事業ではそれが顕著だったようにおもいます。

書は誤魔化しのきかない自己表現の世界。
だから時間はかかっても、これからも自分なりの解にこだわりつづけねばと。

こんなことを書くと、まだ自信も持てないまま迷い迷い書いていることを吐露しているようなもんですが、まさにそのとおりで。毎朝毎夜、じぶんに「天才やん」と暗示をかけつつ、真っ白な紙と向かい合う日々です。


無双 musou incomparable 書道作品 japaneseart japanesecalligraphy