鳥 bird 書道作品 japaneseart japanesecalligraphy


tori : bird
031/365 : 2018/1/31


先日、行きつけの飲み屋さんにて「食用◯◯◯◯◯◯」の話題で盛り上がっているグループがありました。彼らによると、「◯◯◯◯◯◯」を姿揚げで食せる居酒屋が横浜にあるんだとか。10代のころ、かなり本気で◯◯◯◯◯◯を飼育していたことがあるボクにとっては聞き捨てならないハナシでしたが、そもそも原産国ではむかしから食用として飼育されてきたという事実を知っていたので、なるほど日本でもついに食べるようになったのかと。

ひとしきり、残酷だ、グロいぞ、と盛り上がっている彼らのテーブルには、お約束で食用鶏の唐揚げ、食用マグロの中落ち、食用豚の腸詰めなど、お店の大将に調理された「食用なんちゃら」がズラリと。たとえ◯◯◯◯◯◯だって捕食者から見ればとうぜん「食用◯◯◯◯◯◯」。食物連鎖の中に身をおく種ならばすべてが「食用なんちゃら」です。

今日のボクの夕食は、食用牛もも肉と食用たまねぎのソテー、食用にんじんのポタージュ。
残さず、好き嫌いせず、食べ過ぎず、感謝しながらありがたくいただこうとおもいます。