年賀 2016 申

– shin
New year’s greetings 2016


新年明けましておめでとうございます。

さる年の「申」は、稲妻が広がりながら伸びていく姿を描いた漢字。意味は「伸びる」。ほかに「申す」という意味もありますが、これは自分の中の言葉を外側に向けて伸ばすことから来ているとか。

古代中国で作られた「十二支」は、もともと暦や時間、方角をあらわす言葉でした。日本で十二支が広く知られるようになったのは江戸時代のころ。その頃の日本では、農作物を育てる際の季節や天候の目安としてこの十二支を暦として利用していたと言われています。十二支に、庶民が覚えやすいようにと動物の名を当てはめるようになったのもこのころのこと。なのでご存知の通り、さる年の「さる」と「申」の字はまったく関係がありません。

ちなみに干支の9番目「申」の意味は「草木が十分に伸びきり、実が成熟して香りと味がそなわる時期」を意味しているとか。
2016年がみなさんにとって伸びやかで実りある年になりますよう。